不動産の買取

不動産売買業者に不動産を売却する際のポイントについて紹介したいと思います。自分の所有する不動産を売るには不動産会社は売買の仲介をするということで広告を出して購入希望者を募るという方法もありますがそれ以外に、不動産業者に売却をしてしまうこともあります。この場合はその不動産の査定額はその会社によって査定額にも差があることが多く、自分が売りたい土地や家を不動産会社はいくらで査定するのかきちんと確認しておく必要があると思います。

 

ここで忘れてはいけないのは、業者により違うということで不動産の査定額が自分の希望よりだいぶ安かったら、一旦保留して、他の不動産業者にも査定を依頼してもいいですし、先に複数の会社に連絡をして、不動産の買取価格の査定を依頼するというのもいいかもしれません。不動産会社によっては、まずは物件の仲介をする形で広告を出して、なかなか購入者が居ない場合には不動産会社で買取をすることを考えるところもあります。

 

ただ、気を付けておくべきなのは、仲介をして手数料収入をえることより買取って転売した方が儲かることを知っているので、不動産の買い手がすぐに付いたのにもかかわらず、買い手がつかなかったために不動産会社で買取りするように持ち込んで買取価格を低く設定して高く売りさばいて大儲けしようという不動産会社もありますから気を付けなければいけません。